cord

Text Size : A A A
Img_5b610003237d3de5c6fc7fb330ba51c542a4857f
12oz(オンス)ラテカップです
外側のカップのことです
ちなみにカップの中に収まりそうな勢いのもう一つのカップが
cordで使っているラテカップです

2008年FreePourラテアートワールドチャンピオンの澤田洋史さんが
メディアにたくさん登場するようになって
彼の描いたラテアートもいたるところで見かけるようになりました
ということで、彼自身が経営するカフェでも使われていることから
必然的にこのデカイカップもたびたび見ることになります

ほんとデカイです
12oz=約360ml 容量だけでいうとスタバのトールサイズと同量なんだけど
紙コップではなくスタバ店内用のマグカップでさえ
こんなにデカイとは感じない
なぜですかね?
マグカップとは重心の位置が違うせいもありますが
手に持ったときの重量感が半端ないです

興味が湧いたので取り寄せてみました
それまでのジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)や
ジャパンラテアートチャンピオンシップ(JLAC)では見かけなかったこのカップ
「Vertex」 製です
個人的になかなかよい形をしていると思います
これ私は好きですね

興味のあるかたはおっしゃっていただけたら実物をお見せいたします
まだラテを作ってはお出し出来ませんが・・
まだっ!?(笑)

Img_8938b601b2c6f1e577c0ae0ffc033615e0b7b54c
Img_56128e971e4d3f0a3db949cd7a845a19f2cf4bf8
バレンタインが近いので
いつもの焼き菓子がチョコレートやココア風味になって登場です

チョコレートパウンド
チョコフィナンシェ
くるみのココアクッキー

どれもコーヒーととってもよく合いますよ☆

Img_12b780e7ac5a23355ff7aad5d505a842a73842d1
ヨーロッパで盛り上がっている抽出器具『エアロプレス』です

今年ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC) が開催されるコロンビアでは
エアロプレス選手権も開催されるようですし、
日本のカフェでも抽出器具として使用されてるお店が増えてきましたね

最初に見たのはだいぶ前のことになりますが
大っきい注射器みたいな形だったので正直「おもちゃか!?」って思ってました

エスプレッソのように圧力をかけて抽出するので(マンパワーですが)
コーヒーの旨味がしっかり抽出できそうだし
レシピさえ見つけてしまえば安定しておいしいコーヒーが淹れられるかも・・
私にとってプレス以来の革新的な抽出器具になる可能性がありました
ということで取り寄せてみることに

フィルターは紙のものが付属しているのですが
別売の金属ステンレスフィルターも同時購入
Img_6d0046419a7c8a28b12c54a7994876f1b235ebe4
ステンレスフィルターが奥に見えますよね
器具のイメージはエスプレッソとプレスの中間
つまりはどちらも金属フィルター
別取り寄せのステンレスフィルターを使えば
コーヒーのオイルなんかもそのまま抽出しまくりの
もぅますますぅ〜うまうまなぁ〜なイメージ・・あくまでイメージ

ということでモノが届きましたので
いろいろ試してみたいと思っております

はたしてイメージ通りにおいしいコーヒーが飲めるのか!?
またご報告しますね
Img_370ba005cdb4f372f16ed21da39400efa5a3a956
Img_c394b993c9a14261269f363c3be67043bcbdf3e4
雪です
これだけ積もったのはいつ以来でしょうか?

この雪、お昼には止むとの予報ですが
cord前の長く続く坂は踏み固められた雪でかなり危険な状態になっています

ご来店いただくお客様の安全も考えて
本日は臨時休業とさせていただきました




臨時休業を知らずにご来店していただいたお客様がいらっしゃいましたら
ほんとうに申し訳ございません

閉められたシャッターにおかぴ(奥方)が書かせていただきました
『本日(1/11)は臨時休業いたします』
という正月気分のぬけていないボケボケなお知らせ張り紙をご覧頂き
失笑の後に十分お気をつけてお帰りいただけるようお願いいたします
ありがとうございます


店主
Img_7d0fc4e14aebe8da3716750344255f4e937f4661
本日から販売のストレートコーヒー

【コスタリカ シンリミテス農園】
Img_877ee33916351326cbf31ebfbed7850572aedc78
コスタリカはここ!
Img_6ec531fb5a66c2d1a5b5923ca9b50c0e4556bf2b
おいしいコーヒーを作るために3人の農園主が農園内に共同で精製所を作りました
いわゆるマイクロミルのコーヒーです

ここの農園ではコスタリカで
「ハニーコーヒー」と呼ばれている精製方法に取り組んでいます

レモンやハチミツを思わす風味に黒糖のような甘さが引き立つコーヒーに仕上がるのは、
甘みの強い果肉を残し、風通しの良いアフリカンベッドと呼ばれる
網棚式の乾燥方法で乾燥させるパルプドナチュラル製法によるものです

2008年のコスタリカ・カップ・オブ・エクセレンス(COE)では2位に入賞しています

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ(JBC)2010で優勝した
丸山珈琲の鈴木樹さんが大会で使用した農園の豆でもあります

こんな話題満載のコスタリカスペシャルティーコーヒー
飲みたくなりませんか?(笑)
ぜひcordで試してみてくださいね
Img_071c24d34f5d1cb634d1adcd013562e3542cb1ec
降り出した雪、このあと大変なことに・・
月曜日
お昼過ぎから降り出した雪
まさか積もるわけないと思っていたのに
予想外の早さで積もっていくのを見て
止むを得ず早めの閉店を決めました

閉店してからも片付けがあるので
すぐに帰宅!というわけにはいかず
時間がどんどん過ぎていくのと共に路面には
ずんずん雪が積っていきます

店の周辺道路は交通規制されている箇所もあって大渋滞
途中動けなくなった車を路肩に寄せて放置する人も・・
私たちも家までたどり着けるのかと少々不安になりました

結局、店の前の500メートルほどの坂道を下るだけで1時間半
家まで3時間もかかってしまいした
(普段は15分ですよ⁉)


雪に慣れていない地では10センチも積もると大変なことになりますね
みなさんの住んでいるところではどうでしたでしょうか?

春が近づいてる兆しではあるのですがね
Img_0bd7988ded5d6af2f99a101e2dd0b15d1d3d83b8
「シマトネリコ」です

ついについにの購入です

もうだいぶ前からなのですが
cordの正面向かって右側の軒先に
大きめの植物が欲しくていろいろ探していました

オリーブもだいぶかわいくて
トネリコとどちらにしようか迷いましたが
当初の予定通りトネリコに決定

cordの軒先って実は植物にとってかなり過酷な環境でして
夏は向かいに高い建物もなく
強烈な日差しが一日中照りつけます
正面が真南に向いてるのです

冬は店先が駐車場ですので風をさえぎるものもなく
冷たい風が吹きつけます
そして奈良特有の朝晩の底冷え

トネリコは寒さや、暑さ、湿気にも強いので育てやすい植物といわれてますが
ほんとに大丈夫なのか??
すでに心配気な私たちなのです

というのも、私たち2人ともに植物を育てるセンスが無いようで
花屋のかたに「これなら簡単だから絶対大丈夫!」
と言われて購入した植物をあっという間に枯らせてしまうこともありました

このシマトネリコは1年で約20〜30センチほど成長するらしく
軒に触れるぐらいまで成長するには2〜3年の時間がかかるはずです
なんとかそこまで頑張って育てようと固く誓う2人なのでした

それにしても
シマトネリコかわいぃ〜♡
先日雪が積もったかと思えば
今度は店内暑くて窓全開!

季節の変わり目ってほんと体調崩しやすいですからね
おいしいものしっかり食べて体調管理ですね



前にも話題にあげましたが
昨日からスターバックス京都三条烏丸ビル店において
限定販売のコーヒー豆を「クローバー」 (Click!) 
で抽出するサービスが始まりましたね

クローバーを使っての抽出は全国で4店舗だけで
近畿では上記1店舗のみという・・・
せめて大阪に1店舗くらいねぇ
ジョージさん、田原さんお願いしますよ(笑)

タイミング悪くcord定休日の翌日販売開始ということで
残念ながらまだ口にしておりません

なんとかして豆が無くならないうちに伺いたいのですが
無理でしょうかねぇ
(だいぶしつこく諦めの悪い男です・笑)


あっ、そうそう
1つ前の話(シマトネリコ)の画像に少しだけ写っていた自転車
のことでお客様とお話しする機会がたまにあるのですが
興味のある方はさすがに敏感ですね
目敏い!

このチャリは最近手に入れたのですが
まだまだ知識がついていけてないのが実情
この手に詳しい友人T夫婦のアドバイスがいただきたいところなんですが・・
な〜んてアドバイスとは言ってますが
実はミーハーでしょーもない質問ばかりです(笑)

お客様で詳しい方いらっしゃいましたら
よろしくお願いしま〜す
Img_6b0a992554d815b7d656dc8e92ec7b4b311503c6
Img_211ed8c946f2e948e8e5143bd6af22153668b3e3
『フレンチプレス』です

cordのコンセプトのひとつとして
【いいコーヒーをいろんなカタチで楽しむ】
とありますが、少し抽象的でわかりにくいかもですね

具体的にお話しますと

いいコーヒー=スペシャルティーコーヒー
いろんなカタチ=抽出方法 etc

つまりコーヒーを淹れる器具(方法)がいろいろありますし
食材として使い、ケーキやゼリー、アフォガードなどの
スイーツとしても多種多様に楽しめます


抽出方法としてcordでは数種類の器具からお選びいただいて
お客様にコーヒーの美味しさを楽しんでいただけるメニュー構成となっています



では、いろんな器具でコーヒーを淹れるとなにが楽しいの??
ということですが
実は淹れる器具によって
同じコーヒー豆でもできあがるコーヒーの印象が変わるのです

「なんだ、それだけ?」
っと思われた方もいらっしゃることでしょう
でも、実際に試してみると
「おっ、こんなに感じが変わるの?」
って驚かれる方もいらっしゃることと思います


個人的にお勧めなのは
お2人で同じコーヒー豆を使用したドリップとプレスをオーダーして
お互い飲み比べる方法です
同時に2つのカップを飲み比べると
その違いがとてもわかりやすいです


人によってお好みも違いますので
あえてどの抽出方法が一番おいしいとは明記しませんが
コーヒーを楽しむ方法の1つとしてぜひ試していただければと思います
Img_a82207fd3f0584bc578253935d4c1a0b1e9ab8b5
今回ご紹介するのは「フレンチプレス」

フレンチプレスは使うコーヒー豆の特徴を
より強く表現できる器具です
場合によってはあまり表現したくない風味も
正直に抽出してしまうので
やはり高品質で個性のはっきりしたお豆、
つまりスペシャルティーコーヒーを使用するのがお勧めということになります
Img_957b062297d8a3a8f9dd5490aac6a8f31d69d970
【フレンチプレスの特徴】
味と香りを含んだ油分をコーヒー豆は含んでいますが
金属製のフィルターを使うプレスではその油分を逃さずに抽出できます
なので紙のフィルターで濾過したコーヒーと比べると
よりダイレクトにコーヒー豆のもつ特徴を楽しむことが出来ます

金属製のフィルターは紙のものと比べると目が粗いので
コーヒー豆の微粉がカップの中に残ります
実際、飲んでいる時に少しざらつき感があるのは否めないですが
それを補って余あるメリットも持ちあわせています
Img_fc082022fc600ffd708ff75c5c1b56fe7795d7c0
cordではブレンド・ストレートコーヒー問わず
どのコーヒー豆もドリップと同じ価格で
フレンチプレスでのご提供を行っています

お聞きになりたいことがありましたら
お気軽にお尋ねください
コーヒーマイスターがお答えします